K's factory
―革製品とかばん修理職人の店―

プラダのバッグや財布,キーケース,リュック等の修理
ホーム  ご利用方法  工房


プラダのバッグに使われている内袋は,縫い目の所で生地が裂けてしまう事が多いようです。それ以上生地が裂けないように処理した後,元通りに縫い直して修理できます。
又,ファスナーの革製のスライダーつまみが千切れてしまったというご相談もよく頂きます。似た革で同じように作り直す事が出来ます。
その他持ち手やストラップの修理等プラダの修理はK's factoryにお任せください!
下記項目を選んでクリックし,修理方法や出来上がり画像,お客様の声などご覧下さい。


このプラダのバッグの持ち手は,柔らかい上質の革で作られています。手触りも非常によく上品で良いですね。しかし,手で掴むので濡れたり汗が染みこんで革は劣化していきます。それに最も力が加わるところでもあり,革が擦り切れたり破れてしまう事があります。部分的な修理も不可能ではないかもしれませんが,上記非常に過酷な状況を考えると,似た革で作り直した方が奇麗に仕上がりますし,何よりも長持ちしますのでお勧めです。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


昔に流行った金属製の持ち手のバッグも今となってはちょっと恥ずかしくて使えない…という事で閉まったままになっているという方,おられませんか?そのままだともったいないです!持ち手を革で作り直し,今風にアレンジしてまだまだ活躍してもらいましょうよ!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


トートバッグは沢山物を入れられるし使いやすくて便利ですね。しかし口が開きっぱなしで中の物が丸見えだと,財布を落としてしまったり,人ごみの中を歩く時など少し心配ですよね。バッグのマチを計算し,沢山物を入れられる状態を保ちつつ,ファスナー付の蓋を取り付けてみました。元々のデザインかのように奇麗に仕上がりましたよ!ファスナーのつまみもプラダのバッグに使われているのと同じような革で作りました。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


大流行のリュック。お出かけの時は何といっても両手が自由に使えるので便利ですね。自転車に乗っても大丈夫!荷物もたくさん入ります。でも…物を出し入れするのは,そのたびに背負ったり下ろしたり面倒ですよね。では,背負ったまま出し入れできるようにしましょう!背面や側面にファスナーを取り付ける事が出来ますよ!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


お問い合わせ&お見積り


コイルファスナー(プラスチックファスナー)は,つかっているとコイルが擦り減ってきます。黒いファスナーをよく見ると白っぽくなってきているならその可能性大です。そうなると,ファスナーを閉じても閉まらなくなってしまいます。その場合はファスナーを全体的に交換する事になります。ナイロンや革で作られたスライダーのつまみは大抵再利用可能ですよ。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


財布のブランドマークなど,よく使っているうちにメッキが剥がれてきますよね。よほど深い傷でもついていない限り,奇麗に磨いてメッキをかける事が出来ます。すると新品の輝きがよみがえりますよ!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


鞄、バッグ、システム手帳、キーケース、ストラップ等の修理

お見積り・お問い合わせ
ご紹介させて頂いているもの以外にも様々な修理に対応させて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
K's factory
copyright 2010 K's factory by DVC