K's factory
―革製品とかばん修理職人の店―

ショルダーストラップ,肩紐,持ち手,ベルトなどのカットや修理
ホーム  ご利用方法  工房


自分ではカットできないデザインのベルトを短くしたり,裏張りが劣化した物を張り替えたり,
張り合わせてある革が剥がれてきた物の修理,バックルの修理,ベルト本体の作製などを行ないます。
下記項目を選んでクリックし,修理方法や出来上がり画像,お客様の声などご覧下さい。


フェラガモのベルト
周囲にステッチが入っていないベルトは,非常に上品で奇麗なのですが,時間が経つとやはり接着が弱り,バックルに通す穴の辺りなどストレスが加わる部分はどうしても張り合わせてある革が剥がれてしまいますよね。とりあえず接着で元に戻す事も不可能ではないかもしれませんが,直ぐに再び同じ症状が現れてしまいます。それでこの場合は,違和感のないよう本体の革と同じ色の糸を使って周囲を縫い付けて修理をします。張り合わせてある革の接着が取れただけで,革自体が切れたりしていないのであればこれでまだまだ使えますよ!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


シャネル・ベルト
なかなか使っておられる方もそう多くは無いかもしれませんが,シャネルの蛇革のベルトの修理例です。蛇革は強くて良いのですが,古くなってくるとやはり革の模様のへこんだ部分の柔らかい部分から敗れてきます。それにバックルに通す辺りは頻繁に引っ張ったり折り曲げたりとストレスがかかりますから,革も傷みやすく,張り合わせてある革も剥がれてきます。そんなベルトの修理例です。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


タケオ・キクチ
上にご紹介したフェラガモのベルトと同じ症状です。こちらのページではミシンで縫っているところなど修理の過程を写真で簡単にご紹介していますのでご覧ください。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


ドルチェ&ガッバーナ
ブランド物のベルトは時にサイズが大きく,尚且つ自分ではカットできない構造の物があります。そんな場合もお任せください!カットしたことが分からないようにご希望の長さに仕上げます。輸入業者様も,お客様のご要望に合わせて販売前の新品を調整致しますのでご利用くださいね。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


フェラガモ
一流ブランドの本革のベルトでも,裏側は合成皮革が使われているものもあります。そうすると,表面は奇麗なのに裏側の合皮が劣化してベタベタしてきたり,割れてぽろぽろと剥がれてくるものもあります。その場合は裏側を張り替えて修理出来ます!同じような合成皮革で張り替える事も出来ますし,本革で張り替えるなら更に長持ちして良いかもしれませんね。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


鞄、バッグ、システム手帳、キーケース、ストラップ等の修理


鞄、バッグ、システム手帳、キーケース、ストラップ等の修理

お見積り・お問い合わせ
ご紹介させて頂いているもの以外にも様々な修理に対応させて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
K's factory
copyright 2010 K's factory by DVC